2018年SEO対策まとめ!役立ち情報リンク集

2018年SEO対策まとめ!役立ち情報リンク集

SEO対策の流れ

SEO対策という言葉が出てきてどのくらい経つのでしょうか?
インターネット黎明期は「どのブラウザでも崩れずに表示されていればOK」といった感覚で、HTMLコードがぐちゃぐちゃでも全く問題ありませんでしたね。
当時は「WEBサイトで効果&収益をあげる」という事より、チラシ的な感覚で「よりユーザーの目を引くビジュアル表現を限られた制約の中でどう再現するか」といった事に比重が置かれていた気がします。
googleアクセス解析も無い時代、全くもってインターネットの特性を活かせてなかった状態です。

しかしアクセス解析も数十万円のログ解析が数万円になり、無料のgoogle解析アカウント発行が数ヶ月待ちから即時発行できる様になり、WEBサイトの訴求力や反応がダイレクトに把握解析できる様になってから加速的に「検索エンジン最適化」が重要になりました。
そこからはブラックハットSEOと呼ばれる被リンク購入やコンテンツ自動生成など、数々のSEO対策と呼ばれる施策が生まれては消えて行きましたね。懐かしい…

そして現在、googleのアルゴリズム向上により、テクニカルなSEOは意味をなさなくなり、できる事は「googleにしっかり情報を伝える事の出来る構造化」と「コンテンツ品質向上」といった部分に集約されてきているかと思います。
その為、「SEO対策って何をすればいいんだろう?」「ブログ記事を書き続ければいいのかな?」と漠然としたところで立ち止まってしまう人も多いと思います。
特にオウンドメディア構築が盛んになり、各企業内の広告担当者でもSEO対策に頭を悩ませる時代です。

そんな時「今、SEO対策ってどんな考えで対応すればいいのか」「具体的に何に注意すればいいのか」をわかりやくす説明してくれているサイトや、解析に便利なツールなどをご紹介します。

 

SEO対策ならこのサイトをチェック!ガイドラインやチェックリストなど便利な情報が満載です。

まずはgoogle公式のガイドラインをチェック。
●ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

●google検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

内部SEO対策のためのチェックリストを公開してくれています。
●SEOHACKS
https://www.seohacks.net/basic/knowledge/inner-seo-checklist/

SEOといえばアレグロさんですね。
SEO評価項目を含む基本的なSEOチェックリストを公開してくれています。
アレグロ
https://www.allegro-inc.com/seo/seo-checklist-for-webtan

こちら少し昔の記事ですが、基本的な部分は活用できますね。
チェックリストを102項目として公開してくれています。
なんでものびるWEB
プロの技全公開!SEO対策チェックリスト102項目【PDF付】
https://nandemo-nobiru.com/231/

SEO外部対策部分は今までにない新しい情報で面白いですね。
●SEOScene
SEO内部対策/外部対策完全チェックリストが公開されてしまっている。
http://seo-scene.com/perfect-seo-checklist/

こちらもここまで有益な情報公開に脱帽です。
2018年】検索アルゴリズムリスト200Google検索順位要因 儲け学
https://moukegaku.com/google-ranking-algorithm/

今後の信頼性あるコンテンツ作りに関しての具体的考え方記事です。
今までのテクニカルSEOとは違い、本質的な考え方から信頼性を獲得していく手法!素晴らしいです。
Googleが考える「信頼性の意味」を理解し、健康アップデートから復活する方法
https://www.diet-cafe.jp/souken/content/google.html

サクラサクlabo(サクラサクラボ)は、SEOをはじめ、リスティング広告やコンテンツライティングなどWEBマーケティングにおける各種分析ツール、最新情報、ノウハウなど提供しています。
サクラサクラボ
https://www.sakurasaku-labo.jp/

SEOと言えばフェレットさんも外せません!SEO基礎講座もあります。
●SEO対策のWebマーケティング講座一覧|ferret [フェレット]
https://ferret-plus.com/curriculums/seo

 

SEO便利ツール

●コンテンツSEO / クラウドツール パスカル
SEO
ツール・パスカルは、コンテンツマーケティング および SEOの大幅な作業効率化を実現する有料ツールです。時間のかかる競合サイトの分析を自動化。検索上位ページの傾向からコンテンツやタグの改善点を比較分析。
https://www.pascaljp.com/

●Spresseo
SpresseoはクラウドタイプのSEOツールです。価格はお手頃月5000円~。検索順位、競合比較、被リンクチェック、内部最適化、レポート機能を搭載。
https://spresseo.com/

※今後順次追加予定。

 

まとめ

今は色々なSEOに関する情報を掲載してくれているサイトが数多くあります。
それらサイトで学習し、実際に自分のサイトでテスト検証を行い、自分なりのSEO対策を整理する事が重要です。
制作会社の方なら、上記の様に100%でのSEO取り組みが必要な場合は費用や人員を確保する必要がありますので、どのクライアント、どのサイトにも適用できる訳ではないと思います。
しかしこれから先は、より検索エンジンを通してのユーザー体験満足度を向上させる事が重要となり、それが結果としての集客、コンバージョン獲得につながっていきますので、長期的観点で地道に頑張りましょう!

 

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)