【良書】思考のボトルネックを解除しよう!〜自分の能力に限界を感じてきたら〜

【良書】思考のボトルネックを解除しよう!〜自分の能力に限界を感じてきたら〜

最近自分の成長が感じられない… 自身を向上させる為に何をしたら良いのかわからない…

ある程度キャリアを積んでくると、この様な壁に突き当たる人も多いのではないでしょうか?
日々情報収集し、仕事でも工夫して進行を試みるが、なかなか上手く進まない。
そんな事を感じている人にオススメの一冊です。

思考のボトルネックを解除しよう!

特に印象的な内容は「アウトプットは能力の低いリソースに決定される」という事です。
これは言われてみれば当たり前の事ですが、改めてボトルネックの枠組みとして考えてみると自分自身の課題が明確になります。
本書では知識のボトルネックを

●情報(マテリアル)
●手法(メソッド)
●技能(スキル)

としてまとめており、料理で例えると

●一流の素材(マテリアル)
●最適な調理方法の理解(メソッド)
●調理技術(スキル)

としてわかりやすく説明しています。

「アウトプットは能力の低いリソースに決定される」という事は、

●優れた調理技術があり、最適な調理方法も理解しているが、素材が悪い = マテリアルが足を引っ張る。
●一流の素材で、優れた調理技術があるが、最適な調理方法がわからない = メソッドが足を引っ張る
●一流の素材で調理方法も理解しているが、調理経験が無い = スキルが足を引っ張る。

と置き換えられます。これを自分自身の課題として考えると、自分のボトルネックの洗い出し、改善方法が見えてきますね。

この様に自分自身に対して限界を感じてきている方にとって、考え方の改善から手法といったヒントが数多く詰まっている書籍となりますのでオススメです!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)