google Search Console(サーチコンソール)でSEO対策。スパム系被リンクを削除。

google Search Console(サーチコンソール)でSEO対策。スパム系被リンクを削除。

知らないうちにスパム系サイトからリンクされてませんか?

長くサイト運営を行っていると多くのサイトからリンクされますが、その中には質の悪いスパムサイトからのリンクがあるかもしれません。SEO対策としても重要なスパムサイトからのリンク解除についてメモ書きです。

 

まずはgoogle Search Consoleで被リンクリストを確認

google search consoleにアクセス。
被リンクを確認したいサイトをクリックし、ダッシュボードを表示します。
そこで左メニューの
●検索トラフィック 内の ●サイトへのリンク をクリックします。
するとリンク元リストの一部が表示されますので、「詳細」をクリックします。


googleサーチコンソール


 

詳細をクリックすると、リンク元URLリストが表示されますので「このテーブルをダウンロード」から、被リンクリストをCSV形式でダウンロードしてください。


サーチコンソール


 

ダウンロードした被リンクリストを確認。低品質サイトリンクを抽出。

ダウンロードしたCSVファイルを活用して被リンクを確認します。
不明サイトからのリンクや、質の低いサイトからのリンクをピックアップしましょう。
しかし下記googleサーチコンソールでの説明の通り、検索結果に影響がある作業の為、慎重に対応しましょう。

これは高度な機能なので、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム行為のあるリンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、サイトへのリンクを否認することをおすすめします。

また、スパムサイト一覧を開示しているサイトもありますので、それらスパムサイトURLとダウンロードした被リンクリストをエクセルで照らしあわせチェックも有効です。
※【まめネタ】下記サイトで紹介されているエクセル関数で簡単に抽出可能です。
Excel2010:A列とB列で重複するデータを取り出すには? - 教えて!HELPDESK

上記から否認するリンクのみを含むテキスト ファイル(*.txt)を準備します。
※1行1URLで記載。

 

否認リンクリストをgoogleサーチコンソールへ登録

リンク否認の申請は下記より行います。

googleサーチコンソールリンク否認ツール
https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

アクセスすると下記画面が表示されますので、自身のサイトURLを選択し「リンクの否認」をクリック。


サーチコンソール03


 

注意書きが表示されますので、内容を今一度確認し「リンクの否認」をクリック。


サーチコンソール04


 

するともう一度注意書きが表示され、否認リストファイルを送信できる画面が表示されますので、ここから作成したテキストファイルを送信します。


サーチコンソール05


これで一連の作業は完了です。

定期的に被リンクの状況をチェックして整理することは、安定したサイト運営にもつながりますので是非実施してください!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)